トップ / 30代の医師について

30代医師の情報

30代の医師について

30代の医師の年収について

大半は20代で研修期間を終え、30代では、一人前の医師、つまり専門医を目指して、勉強しながら症例を稼ぐことになります。研修期間を終えているので、夜間の救急などでもリーダー的立場に置かれることもあり、一層責任が重くなりますが、その分給与も多くなります。ここで、研修後、医師は大学病院の医局に入局する場合と一般的な市中病院に勤務する場合では給与が大きく異なります。前者の場合、一般的には薄給と言われ、年収600万程に留まることもあります。後者であれば経験に応じて給与が増え、年収800万程になります。

30代の医師のやりがいについて

20代で研修期間を終えた医師は、一人前、つまり専門医になるべく、勉強しながら症例を稼ぎます。早い方は40才を迎える前に専門医を取得されます。体力もあり、専門医を目指して、または取得したてで一層仕事に打ち込まれ、仕事にやりがいを持たれている方が多いのではないでしょうか。また一般的に30代で結婚される方が多いように、医師も30代で結婚される方が多いので、一家の大黒柱となる方、父・母となる方もいらっしゃいます。そういった、守るべきものがあるという立場からも、より仕事にやりがいを感じておられるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基礎を学ぶ為に. All rights reserved.