トップ / 20代の医師について

20代医師の情報

20代の医師について

20代の医師の年収について

医師国家資格を取得し卒業後は前期研修期間が2年間、後期研修期間が3年間あります。大半の方は、20代を研修医として過ごします。前期研修期間も後期研修期間も、給与は勤務する病院側が決めており、病院によって様々です。過疎地域であれば1年目でも年収700万円ほど見込むこともできます。一般的には、1年ごとに月収でいうと3~5万円、年収に換算すると40~60万円ほど上がるようになっています。前期研修期間が終われば、大学院に進むこともできますが、医師として働く場合は休日に働いて日給制となり、日給5~7万ほどとなります。

20代医師は仕事を率先する

医師の20代はこれからの人材で今からまさに日々勉強して、医療の現場で仕事を覚えて、患者と接して、人間的に大きくなる段階です。収入がどうこうなど論ずるにはちょっと早すぎます。仕事にやりがいや生きがいを感じるかどうかが問われている時期です。医師はまず、人の役に立ちたいという崇高な理想のもと、国家試験などの難関を突破した方が就ける職業で誇り高いものです。20代は若手で右も左もわからない時期です。人間関係や仕事上の倫理観、さまざまな問題に立ち向かっていく鋼の心臓が求められています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基礎を学ぶ為に. All rights reserved.