トップ / 医師に多い食事法とは

医師の食事は量が多い

医師に多い食事法とは

医師の食事(勤務医の場合)

医者の不養生という言葉がありますが、日本の医療の現状を鑑みれば、仕方のない話でしょう。自由に勤務時間を決めることのできる開業医はまだしも、病院勤めの医師となると食事の時間さえ自由になりません。職務から完全に解放されたわけでなく、いつでも呼び出しに応じられるようにしていなければなりませんから、必然的に簡単に食べられるコンビニのおにぎりやパンなどで済ませることが多くなります。更に激務のストレスによってジャンクフードに手を伸ばしがちになります。勤務医は特に当直時のカップ麺などの食べ過ぎに注意する必要があります。

医師特に勤務医の食事について

寝る間も惜しんで働いている印象の勤務医の医師たち。食事はきちんととれているのか心配になりますよね。実は、意外ときちんと食べている方が多いです。無理をして働いている人も多いのですが、自分の最低限の健康管理を食べることでしている印象です。お昼などは、お弁当を持ってこられる方も多いです。そして意外なのは、朝から病院の食堂でかなりガッツリと食べることです。体力勝負ということなのでしょうね。勤務時間もそうですが、運動量も半端ではありませんからね。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基礎を学ぶ為に. All rights reserved.