トップ / 医師が生き甲斐を感じる時

医師の患者への支え

医師が生き甲斐を感じる時

医師の生き甲斐について

医師の生き甲斐は、患者の健康回復にあります。患者との信頼関係を築き上げる中で、治療方針に誤りがなかったことが立証され、最後には患者や周りのひとたちの喜ぶ笑顔を見ることができた時は、仕事の達成感で満ち溢れます。ときには、健康を取り戻すまでには至らなかったケースもありますが、最後まで患者がついてきてくれたことに対しても感謝の気持ちで一杯になります。人間同士の深い絆が生まれていることに大きな意義があります。

医師がサポートする患者の頑張り

患者さんが「これをやっている時は楽しい」と思えるものや、「これをやっている時は病気のことを忘れている」と言うものがあることは、闘病していく上でとても大切なことです。患者さんが生き生きとした毎日を送れるように、QOL(生活の質)を上げられるように、患者さんが頑張りたい時に安心して頑張れるように、と援助するのが医師の仕事です。そして患者さんのそのような姿、元気になった姿を見ることが医療スタッフたちのなによりもの生き甲斐です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基礎を学ぶ為に. All rights reserved.