トップ / 医師を目指して受験する

医師になるための難関

医師を目指して受験する

医師になるためのセンター試験

大学の一般入試によって医学部入学を目指すならば、センター試験を避けて通ることはできません。総合得点率で85%は得点したいところです。二次試験で挽回を狙うにしても、83%はほしいです。医師志望者は年々増加していますから、この目標値は更に上がっていくと予想されます。ただ目標特典率に達しなくても、まずは狙う大学の素点の圧縮率を確認してください。文系科目を圧縮し、理数科目の点数の割合を大きくする大学など、あなたに合った大学を探し、少しでも有利な立場で二次試験に挑戦して下さい。

医師を目指す上でのセンター試験

大学を目指す人にとっては大学受験対策、センター試験対策は欠かせないです。大学によって必要な科目は異なり、さらには問題の傾向も違います。高校受験とは異なり、目指す大学によって対策の仕方を変えなくてはいけません。特に医学部を目指す学生などは、全科目まんべんなく勉強するのではなく、必要な科目を重点的に強化する必要があります。医師は専門的な知識を必要とする職業なので、理系科目では高い点数を取る必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基礎を学ぶ為に. All rights reserved.