トップ / 頼れる60代医師の存在

ベテラン60代医師

頼れる60代医師の存在

60代医師でも苦労がたくさん

医師で60代の方は一見するとベテランクラスです。しかし、苦労の連続でここまでの地位を築いているともいえます。困っている人を助けたいという素晴らしい考えの持ち主が医者を目指しますが、勉強は大変だし現場では覚えることがたくさんありますし、それは苦労の連続です。責任感重大の仕事でもありますので、神経も使います。それゆえ、やりがいは他の仕事で得られないような格別なものがあるのも事実です。生涯の仕事として医師は続けることができるので、まさに一番やりがいを実感できる仕事です。頼れる医療のドクターです。

医師は60代によく見られる

技術の練度で医師の傾向を見たとき、60代がとりわけ多い事実があるのは昔の環境によるところが大きいです。医療活動の一部が全自動化されている現代と異なり、当時は全て手作業で患者と向き合う必要があります。手順を頭に叩き込んでおくことを基本として、一つひとつの工程で求められている以上の成果を出し続けないと次の治療の効果が薄まってしまいます。その結果として、60代の医師は卓越した技術を当然に有するというわけです。現場で能力が磨かれていく土壌が整っていたために、現代でも通用する基礎が定着しています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の基礎を学ぶ為に. All rights reserved.